お知らせ – YouTubeアカウントが停止されてしまいました。-

昨日9/12、YouTubeアカウントが停止されてしまいました。

10日ほど前に警告が届き、原因がわからず予想しながら対策を試みていたのですが、昨日投稿した2本の動画が同じようにガイドラインに抵触するらしく、合計3回の警告で停止となりました。

YouTubeに問い合わせしたのですが、それも明確な原因はわかりませんでした。おそらく説明欄かタグのつけ方に問題があったのかなと思います。

今後はアカウントを別につくりなおし、YouTube動画の投稿の仕方を調べるつもりです。今までの動画はみれなくなってしまいましたが、復元できるものは復元し、改めるところは改めながら、投稿を続けていきたいと思います。

今までいろいろつらいことも経験しましたし、世の中にはもっともっとつらい思いをしていることを考えると、命さえあればなんでも楽勝です。また気を新たにして取り組んでいこうと思うので、どうぞよろしくお願いします。

片山貴文

(追記)
原因の調査を進めた結果、おそらく説明欄にタグを含めたことがYouTubeの検索を混乱させるものと判断されたようです。少し前にYouTubeの投稿方法をサイトで調べており、そのようにするといいと書かれていたのでやってみたのですが、たしかにその時から警告が来るようになりました。YouTubeのポリシーによるとタグ以外のところにはそれは書いてはいけないと書かれていました。

もっともくわしいネコの病気百科

子猫を亡くして、後悔と申し訳なさを感じながら過ごしています。

同じ失敗をせず、残りの猫を大事にしたいと思います。自分でも病院をしっかり選んだり、自分も獣医ほどではないにしても猫の健康を守ってあげられるように、医学や獣医学を学んでいこうと思っています。

そのなかで、いい本をみつけたので、紹介します。

もっともくわしいネコの病気百科―ネコの病気・ケガの知識と治療

いろんな病気のことが書かれています。かえでの病気であった肝臓病や溶血性貧血についてもかかれていました。

かえでが生きてるあいだに、こういうことをしてあげればよかったです。

「高く売る」ためのマーケティングの教科書

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』という本を読んだのでアウトプットの意味をこめて、書評をかいてみたいと思います。

マーケティングの勉強をしようと思い、書店でさがしてこの本をみつけました。この本を一回読んでみて理解はできたものの、ひとつひとつについて再現できるほど頭に記憶できてはいないので何度も復習してみようと思っています。

ただそのような中で最も印象に残っているのは、日本企業は「安く売ればいい」という方向性でマーケティングしています。安く売ることで許されると思っているのです。それに対し、この本では積極的に高くしていくべきだと主張しています。もちろんぼったくれという意味ではなく、そのために商品をよいものにしたり、他の商品と差別化したり、ブランドをつくったりなどの工夫をしようという話です。

私自身、この本を読むまでは、まだ自分の商品を売るのに抵抗感があり、安く設定してしまっていましたがそれはやはり逃げの姿勢です。高くても売れるために努力をしていく必要がありますね。そっこうで価格を検討しなおしました。

この本の構成について話すと、前半が理論編、後半が事例編となっています。理論編では「そもそもマーケティングとは何か」と「マーケティングの原理原則」が話されています。事例編ではいろいろな企業を例にして実際の事例をしることができます。抽象的に原理原則を知ることも、具体的に事例を知ることもどちらも私としては勉強になりました。

他のマーケティングの本と比べると原理原則は、マーケティング全体について網羅してはいないですが、著者の視点で大事なところに絞ったのかなと思います。そのためその部分については量が少なく、初心者には読みやすい印象でした。ただ最初の私が思ったように、マーケティングの全体像について理解したいという場合にはこの本では物足りないかと思います。「高く売るためのマーケティング」について知りたい場合にはぜひ読んでみてください。

「高く売る」ためのマーケティングの教科書 競合他社との圧倒的な「差」をつくる13のポイント

D・カーネギー「人を動かす」

D・カーネギー『人を動かす』という本があります。神がかった名著です。

この本にはいろいろ書かれていますし、具体例が多すぎて少し読みにくい本ではあるですが、冒頭に人を動かすための3つの原則が書かれています。

日常生活で人を動かしたい場面がありますね。そんなとき、あなたならどのようにしますか。

この3つの原則を当てるつもりで予想してみるといいです。そしてはずれても全然問題ないので、ぜひ予想してみてください。

そこで挙げたものが、自分の人を動かす力です。

ちなみにこの本に書かれている3つの法則は以下のものです

1.非難しない(失敗したときやたとえわるいことをしたときでも相手に言い訳をさせ、それを認める)
2.自己重要感を持たせる(ほめる。ほめられることに飢えている)
3.人の立場に身を置く(自分の与えたいものを与えたり、そうするように指示や説教をするのではなく、相手のほしいものを与えたり、強い欲求を起こさせる)

自分の子どもや家族であったり立場が近くなればなるほど、もしくは自分に影響があればあるほど、どうしても叱ってしまったり、〜しなさいと指示してしまったりします。

ですがこれだと何度やっても相手はそれをせず、また反感をもつようになります。

どんなときも相手を非難しないようにしましょう。そして、相手の反省や欲求、努力が自然に起こるように、伝え方を工夫しましょう。

人を動かす 文庫版