川西諭「知識ゼロからの行動経済学入門」(1周目)

川西諭「知識ゼロからの行動経済学入門」

大学で学んだ心理学は、動物への実験とか、人間への心理学でも実生活に応用できないものばかりで「つまらないなー」と思っていました。

ただ、インターネットで仕事をするようになって、人間の心理とか、大衆心理、消費行動などの知識の重要性を感じ勉強しています。コピーライティングも人間の心理とかかわっています。

本書は行動経済学の入門書。伝統的な経済学が「人は合理的な判断をする」と考えていたました。しかし実際には「人は必ずしも合理的な判断をしているわけではない」ので、行動経済学はこの人間の「不合理な行動」について研究しています。

私としてはこの本を1周目を読んで、ひとつひとつの内容は理解できましたが、まだ知識として貯まっただけで、実際には使えない状態なので、実際に使えるように何度も読んだり、例を考えたりして、この本の理解を深めていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です